化学工学全領域学問をベースに社会実装のための技術の発展およびその評価手法の構築を研究します。

第1回全体ワークショップ開催報告

第1回全体ワークショップを下記内容で行いました。

日時 :2016年5月9日(月) 13:00-15:00(全体), 15:00-17:00(グループ討議)(予定)
場所 :東京工業大学田町キャンパス    東京工業大学キャンパスイノベーションセンター9階913号室
http://www.titech.ac.jp/maps/index.html

【アジェンダ】
1. 趣旨説明
2. 規約改訂と副会長選任
3. 講演「社会実装と化学工学」(梶川裕矢 東工大准教授)
・社会実装に関する背景(第5期科学技術基本計画など)
・化学工学における研究領域の推移
・化学工学の社会的役割
・社会実装において考慮すべき事項
・社会実装学(仮)の方法論?
・狭義と研究開発の社会実装に関する分析の間のフィードバック
・各グループの活動を通じて達成したいこと
・本研究会の活動を通じて達成したいこと
・化学工学の再定義とより良い
4. グループ討議
5. 今後の進め方について (各グループより)
6. 閉会挨拶

以上

 

PAGETOP
Copyright © 化学工学会 社会実装学創成研究会 All Rights Reserved.